他人の前でベタベタ

私は不思議な気持ちでその情景を見ていた。お茶を飲んでいる問、二人は何一つ話をしないのである。夫婦は長年一緒に暮らしているのだから今さら話さなくても分かり合えるということなのか。それとも話題が見つからなかったのか。私たち夫婦は話し過ぎておかしいのかとも考えてみた。この夫婦は服装などから見ると、近所に住んでいて、何となくお天気もよいし、二人で散歩に出たという感じであった。要を家においてゴルフに行く人もある。ゴルフでなくとも、一人で本屋などに行って、帰りに喫茶店に立ち寄っている人も沢山いる。だからこの黙っている夫婦は、一緒に出かけているだけでもずっと幸せな方と言えるだろう。この黙っている夫婦は、家に帰ったら、もう少し話すのであろうか。いや、あの雰囲気では、急に何かを楽し気に話すというこ人ではないように見える。私たちのようにおしゃべり夫婦に対して、「しゃべっているから仲がいいとはいえないでしょう」とか「黙っていても、相手の気持ちを察することができるのが夫婦です」と言われるかもしれない。今の五十歳代、六十歳代の夫婦は、昔風の教育を受けているから、他人の前でベタベタしたり、話をしたりするのは、はしたないと考えているのかもしれない。また、急に話をしろと言われても無理だし、話をしようとすること自体が疲れると言われるかもしれない。けれども、今、五十歳代ということは、平均寿命からいつでもあと三十年ぐらい一緒に暮らすかもしれないのである。しかも、これからますます二人だけでいる時間が長くなる。子供は巣立って別に一家を構え、孫も滅多に訪ねてこない。友人も何人かはいるかもしれないが、アプリ 出会い系 で毎日のように会って一絡に何かをして楽しむことはできないだろう。努力をしたり、無理して話そうとするのは疲れると思っても、今から、そういう習慣をつけておかなくては、年をとってから急に夫婦で話しましょうと言い出してもできない。老いて楽しい話ができるように、今からお互いに話し合うよう心掛けようではありませんか。会話のきっかけは、今日の感動から月一回の近所の読話会に出た日のことである。その日は、藤原てい著『流れる星は生きている』を取り上げた。戦後の満洲からの引揚げの苦労話が内容であった。体験をしたことのない若い人も、親から聞いたという話をまじえてさまざまの意見が出たし、年配の人たちからは、戦中、戦後の苦労の話が次つぎに出たのです。